中学受験を個別指導塾で対策

中学受験で合格を勝ち取るには、お子さんの性格や学力に合った勉強をしていかなければなりません。それを可能にする最適な場所は中学受験 個別指導塾と言えるでしょう。
中学受験対策を行う大手の集団指導塾で学力を伸ばしていけるのは、ライバル心が相当に強く、かつそれなりの学力をすでに身に着けているお子さんです。また、自宅での家庭教師では、普段と勉強の切り替えが難しく、なかなか集中して勉強が進まないお子さんが多いようです。
それに対して個別指導塾であれば、まわりには勉強しているライバルや先輩たちがいますので、気持ちも引き締まりますし、家を出て「よしやるぞ」と気持ちの切り替えもできます。そして何より、お子さんの状況に合わせてカリキュラムを組み、志望校に合わせた学習を進めてくれるはずです。
いくらお子さんがやる気になっていても、志望校の試験の傾向に合わない学習を進めてしまっては元も子もありません。
その点、個別指導塾では過去のデータの蓄積や中学受験のためのノウハウ、複数の教師による問題分析やそれに基づく授業研修を行っていますから、どのようなお子さんを相手にしても適した対応ができるのです。
お子さんの中学受験合格を勝ち取るために、個別指導塾での学習をお奨めします。

個別指導塾とは

確かな学びを支える学習環境を整える方法として、中学受験の個別指導塾は効果的な方法だといえるでしょう。

中学受験の個別指導塾は、生徒一人一人にきちんと向き合う事が出来て、その子の個性や性格、理解度などを考えながらの指導ができ、また、講師達への質問や発言も直接聞く事ができるので、生徒の些細な変化も見逃すことなく対応できます。
講師達は、知識や解き方だけを教えるだけではありません。生徒一人一人とじっくり向き合う事で、今、何が足りないか。を見極める事も重要です。その点、中学受験個別指導塾では、一人に真剣に向き合う体制なので、たとえ、困難に直面しても自ら考え、乗り越える事ができるはずです。
中学受験の個別指導塾において、学習面だけではなく、子ども達の将来や進路を一緒に考え、アドバイスができる環境という事が、学力面は勿論のこと、精神面でも成長に繋がってきます。そして、成長とともに、意識も変わり自立した日々の学習習慣を身につける事ができます。
苦手な科目も、講師達が寄り添いながら指導する事で、自分のペースで自分に合わせた最適なプランを考える事が可能です。
また、習い事などで時間の調整が難しいご家庭でも、個別なら自分の都合に合わせた曜日・時間で学習もできます。

講師のレベル

中学受験でお子さんが合格を勝ち取っていくためには、どのような教師、講師のもとで学習を行っていくかが大切となります。
家庭教師と集団授業塾の講師、個別指導塾の講師を比べてみた時、中学受験に適した、レベルの高い講師をそろえているのは個別指導塾の講師だと考えられます。
もちろん、講師も一人の人間ですからその人間性が大きく指導力に影響するのは当然なのですが、全体として講師のレベルを高く保つことができるのは個別指導塾なのです。
なぜならば、家庭教師や集団授業塾では、授業が始まってしまえば一人の教師と生徒という構図が出来上がってしまいます。つまり、中学受験において何より大切な授業が密室で行われてしまうのです。残念ながら、いくら良い講師でも意識や志を高く保ち続けるのは難しいものです。いつも一人で授業を行っていれば慣れが生じ、慢心してしまうことが多くなります。
それに対して個別指導塾は、講師と生徒という構図は同じですが、同じ空間に複数の講師がおり、個別での指導と言いながらも、それが常に第三者の目にさらされているのです。つまり、現場での講師同士の切磋琢磨がしやすい環境でもあるのです。これのこそが講師のレベルを高く保っていくためには何よりも必要なことなのです。
中学受験で合格を勝ち取る最短の道は、講師のレベルが高い環境にお子さんを入れてあげることです。

授業内容は

中学受験をするお子さんが求められる力は様々なものがあります。もちろん学校によって傾向が変わりますが、大きくは計算問題などの基礎的内容を正確に解けるかという処理能力と、持っている知識を使って、自分の頭で考え、正解を導く思考力に分けられます。
個別指導塾での中学受験に向けた授業内容はそれらの力を身につけて行くことができるよう設定されています。
お子さんによっても得意不得意がありますから、処理能力を高めるために反復練習に重きを置いたり、良問を使って絶妙なタイミングでヒントを出しながら思考力を磨くことを中心に授業内容を決定したりします。つまり個別の授業カリキュラムが必要であり、これぞ個別指導塾の得意とするところです。
個別指導塾では、中学受験で大切なことは、お子さんに適度なプレッシャーをかけながらも、大きな目標に向かって決して挫折することなく、最後まで戦うことができるように導いていくことだと考えています。
これには保護者の方や教師からの声掛けやアドバイスも重要なのですが、何より大切なことは、日々、お子さんが達成感を感じられているか、力がついてきていることを実感させられているかということでしょう。これができる教師、授業こそが中学受験に最も求められるものなのです。
これにはお子さん一人一人の状況をしっかりと把握しておくことが必要ですから、集団授業などの塾ではなく、個別指導塾こそが最適でしょう。

いつから通うべきか

中学受験を考えているお子さんは、いつから個別指導塾に通い始めるのがよいのでしょう?
これは、お子さんのおかれた家庭環境や性格によって大きく変わってきます。小学1、2年生のころから通うお子さんもいますし、中には6年生になってから急に中学受験を考え出したというお子さんもいます。ただ、これまで個別指導塾でのお子さんを見てきた限りではできれば3年生になる頃には通わせてあげるのがいいのではないでしょうか。
中学受験では何より、自分で考える力が身についているかどうかが大切です。ご両親との生活の中で自然とそういった力を身につけられるような環境が出来上がっていればいいのですが、なかなかそれは難しいものです。これまで自分で考えることを全くしてこなかったお子さんが、5,6年生になっていきなりそれをやるのはちょっと無理があります。
また、中学受験をするお子さんは、かなりの時間を勉強に費やすことになります。
3年生くらいであれば、楽しく授業を進めながら、自然と自分の頭で考えることを身につけやすいですし、個別指導塾に行って勉強することが習慣となり、6年生になって追い込みをかけても、長い時間の勉強もそれ程苦しくは感じなくなります。
個別指導塾であればお子さん一人一人の性格や家庭環境を踏まえての指導ができますので安心して通わせてあげられることでしょう。

授業回数はどのぐらいが良いか

個別指導塾で中学受験を目指していくときに、どれくらいの授業回数がよいのでしょうか。
もちろんこれは、お子さんの学年や学力、性格、受講する教科数によっても大きく変わってきますから、正解はありません。保護者の方を交え、お子さんの状況、目標を聞きながら個別に、適切にアドバイスをさせて頂きます。
ただ、一般的にあまり回数が少なすぎるとせっかく身についた知識や思考回路が定着しにくくなってしまいますし、あまり回数が多すぎてもお子さんに勉強への嫌気がさしてしまい長続きがしません。
もちろん、中学受験目前の6年生の追い込みの時期になってくれば、そんな悠長なこともいていられませんから、多少お子さんに無理があっても多くの授業を取ってもらうことをおススメします。
そういう様々なお子さんの状況に合わせた授業カリキュラムが組めるのが個別指導塾の良いところですので、どんどん相談してください。
もちろん、中学受験に向けて授業を進めていくうちに、もう少し授業回数を増やした方がよければそのようにアドバイスさせていただきます。授業回数が少なくて心配なら、中学受験を目指す個別指導塾の多くには自習室が完備されていますから、そこに通うようにすればよいでしょう。自宅より緊張感もありますし、何より、お子さんにとって自習室に行くのは義務ではなく、自らすすんで行くものですので集中力も長続きします。
個別指導塾の環境を存分に利用しましょう。

手厚いサポート体制

中学受験は個別指導塾にお任せください。その理由は、中学受験が、単なる「小学校の授業の総まとめではない」というところにあります。
実際の入試問題にて出題される内容である「ニュートン算」「消去算」などは、小学校の普段の授業ではまず教えません。これらは中学以降に「連立方程式」として学習するもので、小学校で取り扱うものではないからです。
もちろん、自習して身に着けることは不可能ではありませんが、その分かなりの時間を要することとなりますし、なにより受験の為の「テクニック」を身に着けることはできないでしょう。
そこで、私どもの出番です。
是非、中学受験は個別指導塾にお任せください。
中学受験には、その問題を解くための「テクニック」が存在します。また、各学校ごとに出題のクセがあり、その傾向を分析・蓄積した上での指導を受ければ、おのずと志望校への道がグッと縮まってくるのです。
このテクニックを定着させるのが、個別指導塾ならではの手厚いサポート体制。
その日不明瞭な点はその日のうちに解決。個別指導だからこそ、疑問点はその場で講師に質問し、解決して身につけることができます。学習し、質問し、解決し、身につける。この繰り返しで、確実に受験の「テクニック」をものにすることができます。
中学受験の個別指導塾だからこそできる、納得の指導法です。

指導料の相場

中学受験を個別指導塾に行って勉強したいという生徒は年々増えています。
その理由は集団で受ける授業に比べて特別感を感じることができるということや、疑問をその場で解決することができるという点です。これはとても重要なポイントで、疑問に思ったことをそのままにしておくと、いざ聞きたいと思う時に聞けない分忘れてしまうこともあります。そうして分からないままになってしまって意味のない授業になってしまう可能性があるのです。
その一方で個人塾は、分からないことはその場で納得がいくまで聞けるのでそこが魅力でもあります。
ですがその分中学受験の個別指導塾は割高になります。それもただの個人塾ではなくて受験用の対策をしてくれる塾だということで普通の個人塾よりも割高になりがちです。
その相場は大体一コマいくらという計算になるので、入会金なども合わせてそれなりにします。集団塾は入会金はありますが、月謝という感じでの計算になります。そしてその月謝の中に試験対策なども全て含まれていますので、比較的安くなります。
ですがその分集団での授業ならではのデメリットもあるのです。個人塾は特別なだけメリットもあれば受講費用というデメリットもあるのです。

個別指導塾か家庭教師か

中学受験をするお子さんにとって、どのような環境で学習を進めていくかを決定することはとても大切なことです。
中学受験では、学校にもよりますが、多くの知識や思考力、情報処理能力、分析力などが求められます。お子さんによって状況は様々ですから、一人一人に丁寧な対応ができる個別指導塾や家庭教師をおすすめします。
ただ、家庭教師は保護者や他の教師などの第三者の目が届きにくい、いわば密室での2人きりでの授業になる傾向がありますから、力量があり、かつお子さんとの相性がいい教師に当たらなければなかなかうまくいかないようです。
それに対して個別指導塾は、授業を行う場所が常にオープンであり、いつでも第三者の目が入る環境になっています。客観的に見て、授業が予定通りに進んでいるか、お子さんと講師の関係はうまくいっているか、などを判断することができます。よくなければ講師を変更することもできます。
なにより、個別指導塾には多くの講師が在籍していますので、入試傾向の分析や授業の組み立て、お互いの授業の切磋琢磨がやりやすい状況になっています。
蓄積された多くのデータとそれを駆使していく教師の優秀性が個別指導塾の強みであると言えるでしょう。

家庭学習が効率的に

中学受験で合格を勝ち取っていくためにはかなりの学習量が求められます。もちろん、お子さんの素質にもよりますが、必要な知識量は多く、それに加えて情報処理能力や応用力、発想力も求められますから、悠長に構えているわけにはいきません。
中学受験の個別指導塾での授業は発想力などのお子さんが自分ではなかなか身につけにくい力を養っていくことに重きを置きます。知識の定着や計算などの情報処理能力を養っていくのは、主に家庭学習になるでしょう。
そこで大切になってくるのは、家庭学習が効率的に行えるかどうか、ということです。
もちろん、家庭学習にどれだけの時間を費やすことができるかは大切なことではありますが、ただ闇雲に机に向かっているだけでは学習時間の割に学力が伴わず、しいては「勉強してもダメなんだ」とお子さんの自信喪失にもつながりかねません。それでは元も子もないわけですから、やはり、お子さん自身が家庭学習を効率よく行うことができるように導く必要があります。
それには、お子さんに学習法を伝え、実際にさせてみて、できることを確認することが大切です。さらに内容的にも家庭学習が効率よく行える状態にさせることも大切です。これらの点については個別指導塾の講師にお任せください。
お子さん一人一人の環境、状況を考え、適切な授業、アドバイスを行っていきます。

中学受験には個別指導塾

中学受験で良く聞くキーワードに、傾向と対策があります。傾向だけなら、集団塾でも対応できますが、対策は生徒一人一人の能力に応じて異なるので、集団塾では対策に限界があります。極端な話し、傾向はネットで調べることができるので、わざわざ集団塾に通って傾向を知る必要はありません。
勉強では個人で考えることが重要ですが、もともとの知識がないと考えても答えが出るわけがなく、誤った考えは妙なクセ(思考)が付き中学受験に悪影響を及ぼします。効率的な勉強には、疑問を即座に答えてくれる個別指導塾が最も優れています。家庭教師も疑問を即座に答えてくれますが、傾向と対策の面で塾に劣ります。
個別指導塾でも、規模が小さいとこでは中学受験の情報収集能力に欠けます。
中学受験は毎年行われ、その都度、各中学校ごとの傾向が作られます。塾選びでは、合格実績ばかりに注目しがちですが、各年の傾向と実際の試験内容を比べ、違いが少ない塾を選ぶことが重要です。
どんなに優秀な生徒も、思春期の影響で気分に波が生じます。集団塾では、落ちこぼれの生徒のために時間を割くことはなく、他の生徒の利益のために退室させられます。個別指導塾では、授業の合間に精神的なフォローをすることができ、他の生徒の不利益になることがありません。
未熟で親離れ子離れができていない家庭の子は、社会性を身に付けるうえでも個別指導塾での勉強をお勧めします。

個別指導の強み

中学受験の個別指導塾の一番の魅力は、手厚いサポートです。一般的な塾とは違い、得意分野をより伸ばし、不得意分野を徹底的に克服するというように、自分の学力に合った学習を、その子のペースに合わせて進めることが出来ます。つまずいてしまった場合も、重点的に教えてもらえるので、効率よく成績向上を期待できます。
また、体調不良などにより、お休みせざるを得なかった場合も、先に進んでしまうこともありません。
家庭教師と比べても、受験対策に関する情報量も豊富ですし、勉強に集中できる環境も整っています。
つまり、個人単位で志望校合格への計画が出来る点でも、学習塾と家庭教師のメリットの相乗効果があるのが強みと言えます。
中学受験の個別指導塾は、先生との距離がとても身近なので、普段消極的でなかなか質問が出来ないお子さんでも、直接先生に分からないことを相談しやすい環境です。
もちろん、中学受験の個別指導塾では勉強の相談も乗ってもらえますが、メンタル的な部分のサポートもありますし、勉強に対するモチベーションの維持にも気を配ってくれます。さらに、普段の生活で気を付けるべきことの指導など、きめ細やかな対応で親身な指導を期待できるのが、中学受験の個別指導塾の強みです。

苦手分野を徹底攻略

中学受験の個別指導塾は、勉強が苦手な子どもさんに向いている指導方法です。
集団での指導では、自分が分からないところがあっても質問を出来ない場合が多いです。
しかし、中学受験の個別指導塾を利用すると、先生が分からない場所は無いかどうか確認してくれますので、理解をした上で先に進めます。
また、中学受験の個別指導塾では、子どもの予定に合わせたスケジュールで勉強を教える事が可能です。例えば、部活などで忙しい場合には勉強の時間を調整するなどの工夫が出来るのもメリットの一つです。試験前など、勉強に集中しなければならない時期には集中的に指導を行えますので、受験において成果を出せる可能性が高い指導方法となります。
普段から自分で勉強をする習慣が無い子どもも、生徒の能力に合わせて指導を行えるために、苦手な分野は基礎から学びなおすという勉強方法も可能なのです。また、それぞれの生徒の志望校に合わせた対応が可能なため、入試に向けて先生と一緒に問題を解く事が出来ます。
中学受験の個別指導塾では、先生が常に勉強を見てくれているという安心感を子どもたちに与えられるため、途中で受験を諦めてしまう子どもが少ないのもメリットの一つです。